中垣内科小児科医院

糖尿病内科(糖尿病・生活習慣病)外来について

2型糖尿病とは

膵臓から出るインスリンというホルモンの量が少なかったり、インスリンの効きが悪くなると血糖値が上昇し糖尿病を発病します。

糖尿病発病の原因としては生活習慣(食生活の乱れ、運動不足、体重増加)や遺伝(両親や祖父母など血縁者が糖尿病)、膵臓の病気(膵炎、膵臓の手術)、薬剤投与などがあります。

糖尿病の発症初期はほとんど自覚症状がありませんが、血糖値が高いままの状態で放置していると数年〜10年前後で様々な合併症を引き起こします。この合併症が非常に恐ろしく、合併症を発病し放置すると命の危険もあります。

糖尿病に特徴的な三大合併症というものがあり、「糖尿病神経障害」,「糖尿病網膜症」,「糖尿病腎症」と呼ばれています。糖尿病神経障害は下肢切断の原因となり、糖尿病網膜症は失明の原因となり、糖尿病腎症は人工透析の原因となります。

他にも脳梗塞や心筋梗塞も糖尿病の合併症のひとつであり、癌の発症率も糖尿病では高くなります。


当院の糖尿病治療について

糖尿病治療には三本柱である「食事療法」,「運動療法」,「薬物療法」があります。

「糖尿病だと食事量を減らさなければならない」,「ずっとお菓子も食べれないし、お酒も飲めない」などと思われるかもしれませんがそんなことはありません。無理のない食生活と適度な運動をきめ細やかに指導いたします。薬物治療も糖尿病専門医が患者様の要望をお聞きしてインスリン注射をしたくない、やめたいという方には代わりの治療法をご提案し、飲み薬の量も必要最低限で治療いたします。

他の病院でインスリン注射を打たなければいけないと言われた方や、インスリンの注射をやめたい方、飲み薬が多くて減らしたいと考えている方はぜひ当院の糖尿病専門医(日本糖尿病学会認定)にご相談ください。

当院では入院設備もございます。
「食生活を改善したいけど家ではなかなか難しい」,「血糖値が高いから短期間で下げたい」,「痩せたい」とお考えの方に1週間〜2週間の短期入院を行っております。こちらも患者様のご要望に合わせて食事や運動のお話と実践、飲み薬やインスリン量の調整を毎日実施することで短期間での血糖値の改善と体重減少を行います。詳しくは当院にお電話いただくか直接受診してください。


生活習慣病(高血圧・脂質異常症・高尿酸血症)外来

高血圧、脂質異常症はいずれも自覚症状はありませんが、全身の動脈硬化を進行させ脳梗塞や心筋梗塞の原因となります。

高尿酸血症も痛風発作を起こさなければ自覚症状はほとんどありませんが進行すると腎臓の機能が低下して人工透析に至ります。

当院では、専門の医師・看護師・栄養士が親身に相談に乗り、適切なアドバイスと実践可能な生活習慣の改善および内服治療をご提供いたします。


当院ではフットケア外来も行っております。

また、糖尿病健康教室のご案内はこちらをご覧くださいませ。


ご不明な点がございましたら
  どうぞお気軽にお問い合わせください。


内科・糖尿病内科・小児科

中垣内科小児科医院

小樽市入船2丁目4-8 Tel:0134-22-9631


Copyright © 2018 Nakagaki Primary Care Clinic